top of page

技能実習制度の見直し 政府有識者会議

技能実習制度の見直しに関する政府の有識者会議において最終報告書のたたき台が示され、これまで実習生の名の下に「見習い」として扱われてきた外国人を「労働者」として再定義し、日本人労働者と同等の権利を認める方向へ転換するとのこと。


また、現行制度では原則として転職は認められていないが、有識者会議のたたき台では、入社1年後には一定の条件の下で同一業種・職種内での異動を認める方針のようです。


管理団体については許可要件の厳格化等を提言しています。


今後の法案化に向けて、どのような内容になっていくか注視していきたいと思います。


A government panel of experts presented the basis for a final report that recommends abolishing the technical intern training system and creating a new system.

Foreigners who have been treated as "apprentices'' until now have been redefined as "workers'' and are now being given the same rights as Japanese workers.

The aim is to prevent human rights violations against working foreigners.

Although the current system does not allow job changes in principle, the plan is to allow transfers within the same industry or occupation under certain conditions after one year from the start of employment.

I would like to keep an eye on the content of future legislation.



各種在留資格申請手続き(就労ビザ・配偶者ビザ、永住許可など)及び外国人雇用に関して、お困りの事等がございましたら、初回のご相談は無料です。お気軽にご相談下さい。


If you have any problems with various visa application procedures (work visa,spouse visa, permanent residence permit, etc.) and employment of foreigners, please feel free to contact us as the initial consultation is free.


熊本県行政書士会会員

外国人ビザ・在留資格関係申請手続きサポート

遺言書作成・相続手続きサポート

会社設立・定款作成サポート

行政書士 井上慎一郎事務所


〒862-0959

熊本県熊本市中央区白山2丁目9-4

TEL: 096-366-8820 090-2964-2844

mail:kmg.inoue@gmail.com



閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page